西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

渋谷とコラボ短編映画祭 佐世保で10作品上映 別所哲也さんも登場 [長崎県]

大勢の市民が駆けつけたレッドカーペット
大勢の市民が駆けつけたレッドカーペット
写真を見る

 佐世保市中心部の商店街と東京・渋谷センター商店街がコラボした短編映画祭「第1回渋谷TANPEN映画祭CLIMAX at 佐世保」(西日本新聞社など後援)が29日、同市で開かれた。全国から集まった123作品のうち、審査で選ばれた10作品が上映され、多くの人が詰めかけた。

 映画祭は、させぼ四ケ町商店街協同組合や渋谷センター商店街振興組合などでつくる実行委員会が主催。両商店街が「兄弟商店街」縁組を結んでいる縁もあり、渋谷と佐世保での開催を企画。10日に渋谷で作品の最終審査があり、佐世保市出身の古川原壮志監督の作品「なぎさ」など10作品を選び、この日上映した。

 同市常盤町の中央公民館で朝から夕方まであった上映会は、約150席設けた会場に立ち見が出る盛況ぶり。審査員を務め、自ら国際短編映画祭を主宰する俳優別所哲也さん(52)も登場して盛り上げた。

 上映後、監督や出演者が商店街に設けられたレッドカーペットを歩くと、集まった市民が手を振って歓迎。同市島地町の映画館に移動し、グランプリ「ゴールデンバーガー賞」ほか各賞が発表された。

 別所さんはあいさつで「佐世保と渋谷をつなぐ映画祭は今日がお誕生日。一歳、一歳、育てていただけたら」と話した。

=2017/10/30付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]