神ノ島町に新プール メダリストら泳ぎ初め [長崎県]

新しいプールで五輪メダリストの中村真衣さん(手前右)に水泳を習う子どもたち
新しいプールで五輪メダリストの中村真衣さん(手前右)に水泳を習う子どもたち
写真を見る

 長崎市神ノ島町3丁目に6日、「長崎市民神の島プール」がオープンし、利用客でにぎわった。シドニー五輪競泳の銀メダリスト中村真衣さん(38)による泳ぎ初めと水泳教室もあった。

 プールはもともと同市木鉢町にあったが、温水の熱源になっていたごみ処理施設が2016年に神ノ島町に移転したことに伴い、市が約9億円をかけ、処理施設隣にプールも移設した。

 水泳教室には約30人が参加し、クロールなど基本的な泳ぎ方を習った。中村さんは「泳ぎやすいプール。夢や目標に向かって頑張るきっかけになるプールになってほしい」と話した。小学2年の岩崎惺樹(せな)君(7)は「すごく広くてびっくりした。うまく泳げるようになりたい」と笑顔を見せた。

=2018/01/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]