中島川彩るアジサイ灯籠 眼鏡橋周辺 「厄入り祭り」初開催 [長崎県]

ちょうちんでライトアップされた中島川に灯籠を流す来場者
ちょうちんでライトアップされた中島川に灯籠を流す来場者
写真を見る

 長崎市中心部を流れる中島川をアジサイ柄のちょうちんや灯籠が彩る「長崎厄入り祭り-あじさい燈籠ながし-」(実行委員会など主催)が9日、同市の眼鏡橋周辺で初めて開かれた。

 梅雨入りで観光客が減るこの時期に市内各所で見頃を迎えるアジサイと、厄年の人をもてなして厄払いする長崎独自の「厄入り」文化を新たな観光資源にしようと企画。会場には生け花、お茶などの体験コーナーのほか、諏訪神社神主による厄払いなども行われ、来場者がアジサイ柄の紙製の灯籠を手作りした。

 午後7時半からは灯籠約千個が「厄を流す」との思いを込めて中島川に流された。

=2018/06/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]