1年の汚れ流し祈念像すっきり 原爆の日を前に清掃 [長崎県]

クレーンに乗り、放水で平和祈念像の汚れを落とす作業員
クレーンに乗り、放水で平和祈念像の汚れを落とす作業員
写真を見る

 長崎市の平和公園にある平和祈念像の清掃作業が10日、行われた。長崎原爆の日の8月9日に開かれる平和祈念式典前に毎年実施しており、クレーン車に乗った作業員が放水やモップ掛けで1年間にたまった汚れを丁寧に落とした。

 祈念像は1955年に完成し、台座を含めた高さは13・6メートル。市が委託した業者の作業員7人が献花と黙とうをした後、清掃を開始。計3トンの水を使い、像の頭や肩、天を指す指先などをきれいにした。

 作業を指揮した業者の新田博史さん(62)は「今年も8月9日が近づいてきたと感じる。公園を訪れた人にはピカピカになった姿を見て平和への思いを新たにしてもらえたら」と語った。

=2018/07/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]