サッカー漫画「ファンタジスタ」の作者 諫早出身の草場さんが初の原画展 [長崎県]

会場で作品について語る草場道輝さん
会場で作品について語る草場道輝さん
写真を見る

 諫早市出身の漫画家で、「ファンタジスタ」などサッカー漫画で知られる草場道輝さん(47)の初の原画展が14日から同市美術・歴史館で開かれる。初日は午後2時からサイン会(先着30人)もある。入場無料。

 同館の開館5周年企画で、会場には「ファンタジスタ」など3作品の原画、下書き(ネーム)ノート、親交がある日本代表の本田圭佑選手のサイン入りシューズなど179点を展示。

 草場さんはV・ファーレン長崎のサポーターで、原画展に合わせてV長崎ユニホーム姿の「ファンタジスタ」主人公、坂本轍平(てっぺい)のイラストも描き下ろした。13日には内覧会があり、草場さんは「V長崎は全員が献身的にプレーする姿が魅力。いつか長崎に仕事場を移したい」と語った。8月15日まで。

=2018/07/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]