火砕サージの爆風で倒木 4000年前に眉山火山活動 南島原市の権現脇遺跡、市教委が発表 [長崎県]

南島原市の権現脇遺跡で見つかった眉山の噴火による倒木跡=2013年3月
南島原市の権現脇遺跡で見つかった眉山の噴火による倒木跡=2013年3月
写真を見る

 南島原市教育委員会は13日、権現脇(ごんげんわき)遺跡(同市深江町大野木場)で確認されていた多数の倒木痕について、約4千年前の縄文時代に眉山の火山活動で発生した火砕サージ(火砕流に伴う熱風)で倒れたことが新たに分かったと発表した。

 市教委によると、雲仙・普賢岳の土石流被害を防ぐ砂防ダムなどの建設工事に伴い、同遺跡の発掘調査を2002~16年度に実施。約3千年前(縄文時代末~弥生時代初頭)を中心に、倒木痕78基や土器片など10万点以上が出土した。

 炭化した倒木の分析の結果、倒れた年代を約4千年前と特定。多くの倒木が約2キロ離れた眉山の天狗岳付近から放射状に見つかっており、天狗岳を形成した溶岩ドームの崩落による火砕サージの爆風で樹木が倒されたと結論付けた。

 市文化財課の本多和典学芸員は「人々の営みと火山活動が分かる貴重な遺跡。どのような活動が起きたのかを知ることで防災に生かせる」と話した。同遺跡は砂防ダムなどの建設で土中に埋もれている。

=2018/09/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]