島原鉄道・愛野駅「愛の聖地」で結婚式 市民も祝福 [長崎県]

愛野駅前で市民の祝福を受ける日向さん夫妻
愛野駅前で市民の祝福を受ける日向さん夫妻
写真を見る

 「愛の聖地」として地域おこしに取り組んでいる雲仙市愛野町の島原鉄道・愛野駅で「ロマンスウエディング」が20日に行われた。同市国見町の会社員日向真太郎さん(32)、めぐみさん(32)夫婦が住民らに祝福された。

 愛野駅と2駅先の吾妻駅の駅名をつなぐと「愛(いと)しの(野) 吾(わ)が妻」と読めることから、市民団体「日本ロマンチスト協会」が2008年、愛の聖地に認定。市商工会女性部が11年から毎年、公開結婚式を挙げるカップルを公募している。

 12組目となった日向さん夫妻は高校時代の同級生。結婚して9年目だが、式は挙げていなかった。娘2人が「お母さんのドレス姿が見たい」と応募を後押ししたという。

 愛野教会で挙式後、愛野駅前でセレモニー。約200人の市民が見守るなか、新郎新婦は「心を一つに力を合わせ、温かい家庭を築いていく」と宣誓。専用列車で移動した吾妻駅前でも、祝福を受けた。

=2018/10/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]