「松浦鉄道」全線93.8キロの旅 車内ライブに河津桜見物、ゆっくり6時間 3月3日・初企画 [長崎県]

松浦鉄道全線の旅で使用するレトロン号。イベントによく活用される(松浦鉄道提供)
松浦鉄道全線の旅で使用するレトロン号。イベントによく活用される(松浦鉄道提供)
写真を見る

 松浦鉄道(MR)は3月3日に行う佐世保駅から有田駅まで全線93・8キロの貸し切り列車ツアーの参加者を募集している。車内でのティータイムや音楽ライブのほか、途中下車して河津桜の名所も楽しめる約6時間の旅。沿線の魅力を知ってもらおうと初めて企画した。

 午前10時11分に佐世保を出発。使用する車両はレトロな内外装のレトロン号。最初に佐々で降り、早咲きの河津桜の並木道を散策。河津桜・シロウオまつりの会場では、春の風物詩シロウオ料理が味わえる。

 次はたびら平戸口で下車し、ホテルでバイキングランチ。海産物が豊富な平戸瀬戸市場に立ち寄る。ここで佐世保市出身のシンガー・ソングライター村島佳佑さんが乗車し、車内で歌声を披露する。

 松浦を過ぎた午後3時ごろにコーヒーと菓子を提供し、午後4時1分に有田到着の予定。沿線の土産物も用意する。

 最大40人まで。料金は9380円(小学生8570円)。申し込みは2人から。電話でMR佐世保駅=0956(25)2229=へ(午前9時~午後6時)。

=2019/02/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]