南中(長崎市)が準優勝 全国中学ロボコン [長崎県]

準優勝に輝いた(右から)小川さん、上野さん、森さん。田上市長に成績を報告し実演した
準優勝に輝いた(右から)小川さん、上野さん、森さん。田上市長に成績を報告し実演した
写真を見る

 中学生が自作したロボットの性能と操作技術を競う「創造アイデアロボットコンテスト全国中学生大会」(全日本中学校技術・家庭科研究会主催)で長崎市の南中3年のチーム「ACE(エース)」が準優勝に輝いた。

 大会は1月26日と27日に東京であり、3部門が繰り広げられた。90秒以内にゴールに入れるボールの数を競う「基礎部門」には、全国6ブロックの予選を勝ち上がった24チームが出場。ACEは決勝まで進み、優勝した山梨県のチームと接戦を演じた。

 メンバー森響介さん(15)、小川琉輝さん(15)、上野萌恵さん(15)の3人は14日、長崎市役所を訪れ、成績を田上富久市長に報告した。操作を担当した森さんは「ロボットの素早い動きが結果につながった」と満足そうだった。

=2019/02/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]