走る「バスのぬいぐるみ」 長崎県営バスが限定発売 [長崎県]

高速バス運行30周年を記念して販売されているぬいぐるみ
高速バス運行30周年を記念して販売されているぬいぐるみ
写真を見る

 長崎県営バスは、長崎と熊本を結ぶ「りんどう号」運行30周年を記念し、バスをモチーフにした「青バス走るぬいぐるみ」を3月から販売している。

 バスに愛着を持ってもらおうと5千個限定の商品。ぬいぐるみは片手で持てるサイズで、実際に走っている高速バスを再現した。車輪が付いていて、後ろに引いて手を離すと、ゆっくりと前に走る。

 2016年に売り出した路線バス版「赤バス走るぬいぐるみ」も新たに2千個用意。いずれも税込み千円で長崎駅前ターミナルなどで購入できる。担当者は「ぬいぐるみ片手にぜひバスを利用してほしい」。

=2019/03/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]