南阿蘇鉄道で駅弁再開 土日限定の新メニュー

南阿蘇鉄道の南阿蘇白川水源駅で限定販売が始まった新駅弁「たっぷり赤牛 牛めし弁当」
南阿蘇鉄道の南阿蘇白川水源駅で限定販売が始まった新駅弁「たっぷり赤牛 牛めし弁当」
写真を見る

 熊本地震で被災し一部区間の運休が続く南阿蘇鉄道(熊本県高森町-同県南阿蘇村)で25日、休止していた駅弁販売が新メニューで再開した。地元農家らが、観光シーズンを前に全線復旧への願いを込めた。

 新駅弁は、復興支援のプロジェクトで村を訪れたお笑いグループ「ロバート」の馬場裕之さんと村の若手農家らが考案した「たっぷり赤牛 牛めし弁当」。特産の赤牛の肉や高菜などの野菜、コメまですべて地元産にこだわった。1300円で、5月7日までの土日のみ南阿蘇白川水源駅(南阿蘇村)で限定販売する。

 畜産農家の田上善晴さん(27)は「ここでしか食べられない味を楽しんで復興を後押ししてほしい」と呼び掛けた。

=2017/03/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]