「大学やめるため強盗」 未遂容疑で新入生逮捕 久留米

 パン店で金品を奪おうとしたとして、福岡県警久留米署は5日、強盗未遂の疑いで、同県久留米市の大学1年の男子学生(18)を現行犯逮捕した。署によると、学生は今春入学したばかりで、「強盗すれば大学をやめられると思った」と話しているという。

 逮捕容疑は同日朝、市内のパン店の作業場に押し入り、男性店長(70)にはさみを突き付け「強盗です」と脅し、現金などを奪おうとした疑い。

 店長によると、当時は1人でパンをこねていた。突然入ってきた若い男が「強盗」と名乗ったため、襟首をつかみ「自分のやっていることが分かっているのか。親が泣くぞ」と諭し、取り押さえたという。

=2017/04/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]