やまゆり園、横浜への仮移転完了 相模原殺傷事件、110人利用

 「津久井やまゆり園芹が谷園舎」に到着した利用者を乗せたバス=21日午前、横浜市港南区
「津久井やまゆり園芹が谷園舎」に到着した利用者を乗せたバス=21日午前、横浜市港南区
写真を見る

 19人が刺殺されるなどした相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の利用者約40人が21日、横浜市港南区の施設に転居し、取り壊しに向けた園の仮移転が完了した。

 神奈川県によると、仮移転先の「津久井やまゆり園芹が谷園舎」には既に約60人が入居。事件後に別の施設に移った約10人を含む計約110人が約4年間、芹が谷園舎の利用を予定している。

 取材に応じた入倉かおる園長は「目標は4年後に相模原に帰って、新しい園をつくることだ」と述べ、現地での建て替えを求めた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]