取引終えた数分後に襲撃、銀座 現金強奪、計画的犯行か

 現金強奪事件後、現場付近を調べる警視庁の捜査員=21日、東京都中央区銀座(共同通信社ヘリから)
現金強奪事件後、現場付近を調べる警視庁の捜査員=21日、東京都中央区銀座(共同通信社ヘリから)
写真を見る

 東京・銀座5丁目で男らに現金4千万円が強奪された事件で、被害者の自営業男性(44)が現場付近で仕事の取引を終えた数分後に襲撃されていたことが22日、警視庁築地署への取材で分かった。

 築地署によると、男性は取引で7200万円を受け取っており、多額の現金を持っていることを把握していた男らによる計画的な犯行だった可能性もあるとみて、調べを進めている。

 事件は21日午後1時半ごろ発生。男性が青いジャンパー姿の男にいきなり体当たりされ、持っていた現金の一部である4千万円が奪われた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]