強殺の共犯容疑で男再逮捕、広島 身柄を滋賀から移送

 広島市安佐北区の住宅でアルバイト作業員笹井徹さん(67)が殺害され車が奪われた事件で、安佐北署捜査本部は20日、強盗殺人の疑いで、既に逮捕した被害者のおいの共犯として、新たに30代の男を再逮捕した。男は滋賀県警に別の窃盗事件で逮捕されていた。捜査本部は身柄を安佐北署に移し、詳しく調べる。

 逮捕容疑は、笹井さんのおいの無職笹井政輝容疑者(36)と共謀し、笹井さん宅で9日、頭や胸を刃物で複数回刺して殺害し、車を奪った疑い。車はその後、富山市内で見つかった。

 男は笹井さんの殺害について政輝容疑者と相談したなどと供述しているという。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]