路上で女性殴られ重体、通り魔か 東京・品川、背後から鈍器

 20日午前9時40分ごろ、東京都品川区南大井1丁目の路上で、近くに住む女性会社員(68)が背後から何者かに頭を鈍器のようなもので複数回殴られた。警視庁捜査1課によると、女性は頭の骨を折るなどして意識不明の重体。通り魔事件とみて殺人未遂の疑いで捜査している。

 捜査1課によると、女性は自転車で自宅から約300メートル先の会社に向かう途中だった。襲われた直後は意識があり、駆け付けた警察官に「(殴ったのは)男のようだった」と話していた。

 通りかかった女性が「自転車に乗った女性が倒れている」などと110番した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]