少女にAV出演強要容疑 涙の動画、異例適用

 インターネット上で募集した少女に、アダルトビデオ(AV)に出演するとの契約書を強制したとして、大阪府警保安課は20日、強要などの疑いで、住所不定、DVD販売サイト運営者金沢新一容疑者(48)=職業安定法違反罪などで起訴=を再逮捕した。

 保安課によると、契約書を書く直前に少女が泣いている動画が残っていた。女性が無理やりAVに出演させられる被害は相次ぐが、泣き寝入りするケースも多く、強要容疑の適用は全国的に珍しいという。

 再逮捕容疑は2014年7月、東京・渋谷の撮影スタジオで当時18歳の少女に、書類に「わいせつ行為は私の意思です」との趣旨を記載させた疑い。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]