九州から関東で大雨か 空梅雨続く地域にも

 東シナ海から日本の南海上に延びた梅雨前線が北上する影響で、21日夜にかけ西日本から東日本の太平洋側で大雨になる可能性があるとして、気象庁は20日、河川の氾濫などに注意を呼び掛けた。梅雨入り後も少雨が続いていた地域でも、まとまった雨になりそうだ。

 気象庁によると、梅雨前線が西日本から東日本の太平洋岸付近まで北上し、大気の状態が不安定になる。局地的に、雷を伴った1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降る可能性もある。

 九州南部では降り始めから20日午後4時までの降水量が100ミリを超えたところもある。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]