西日本新聞社が「豆吉郎」買収 食品移動販売事業に進出

 西日本新聞社は4日、食品の移動販売を手掛ける豆吉郎(とうきちろう)(福岡市)の株式の約9割を取得し子会社化したと発表した。西日本新聞社はグループの売上高を増やす中期経営計画を策定しており、今回の買収が新規事業進出の第1弾。

 豆吉郎は2005年創業。現在、福岡市中央区に直売の新天町店と唐人町店を構え、フランチャイズ方式を含む移動販売拠点を九州、中国、関西に24カ所展開。16年度の売上高は約7億円。知名度を高め事業拡大を図りたい豆吉郎が資本提携を申し入れ、西日本新聞社は移動販売事業の将来性が高く地域貢献にもつながると判断した。

 主力商品は「生きぬ豆腐」(税別200円)、「きぬ厚揚げ」(同280円)、「生豆乳」(同340円)など。九州は一部を除き電話注文に応じ配達する。豆吉郎お客様センター=(0120)106561。

=2017/07/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]