ため池決壊、小川に倒木次々 3人犠牲の朝倉・山田

写真を見る

 3人が犠牲となった福岡県朝倉市山田。国道386号沿いに、集落を襲った大量の倒木と土砂がまだ堆積している。山から少し離れた場所まで被害が拡大したのはなぜか。現場から上流に向かって歩いた。

 集落を流れる通堂(とおりどう)川の普段の川幅は最大8メートルほど。浅く緩やかな流れで堀川用水に注ぐ。「小さな孫も遊べる川」と親しまれた小川が5日夕、一変した。

 住民たちによると、通堂川は午後5時半ごろからあふれ始め、一気に周りの柿畑や田んぼを覆った。水かさは川沿いの路地から約1・6メートルの高さに達した。

 国道そばの民家に大きな倒木が何本も突き刺さっている。この家の2階から親類を助け出した手島美典さん(75)は「6時ごろには、1階にどんどん水が入ってきた。まだ木はあまり流れていなかった」と話す。近くの男性は「川があふれてから30分もたたずに、辺り一面、絶え間なく倒木が流れてきた」と振り返る。

 短時間に小川が増水し、倒木が次々に流れてきたのは、上流にある二つのため池が決壊したからだ。

 国道から約500メートル上流の「鎌塚ため池」。滑り台のように急勾配の水路があったらしいが、原形をとどめていない。滝のように水が流れ落ちた先に、長さ10メートル前後の倒木が折り重なる。さらに1キロほど上流。あるべきはずの「山の神ため池」がない。堤が崩壊し、くぼ地に土砂がたまっていた。

 「ゴオーン、ドオーンとこの世のものとは思えない音が、川からずっと聞こえていた。濁流と木々がぶつかっていたのだろうが、とにかく恐ろしかった」と近くの高台に住む久保山美智男さん(68)。ため池に流れ込んだ倒木の重みで堤が壊れ、勢いを増して下流の集落を襲ったとみている。

 その上流は土砂崩れで道路が寸断され、護岸の崩壊が何カ所も続く。広くなった河原にはごつごつとした石と倒木が折り重なっていた。えぐれた山肌の土と、樹皮が剥がれかけたスギのにおいが入り交じる。「大雨でまた倒木や土砂が流れてこなければいいが」(手島さん)。被災地の住民の不安は続く。

=2017/07/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]