焼酎グラスに「運転やっせん!」 飲酒運転撲滅呼びかけ 鹿児島の警察署員提案

写真を見る

 鹿児島県霧島市の横川警察署と横川地区安全運転管理協議会は、地元の方言を使って飲酒運転撲滅の意識を徹底しようと「飲んだら運転 やっせん!」と記した焼酎グラス=写真=を1300個作った。

 やっせんは鹿児島弁で「駄目」の意味。管内の飲酒運転摘発は昨年3件で、このグラスでゼロを目指す。ちなみにお湯割り用だが、「夏場の飲酒機会が多くなる時期の啓発用に」と署員が提案し、作製。協議会加盟の90事業所に配った。

 署は「やっせんの文字を見ながら飲めば、運転できないはず」。管内外から強い関心が寄せられ、協議会は市販も検討中。

=2017/07/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]