西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

キジバトのひな 被災住民励ます

写真を見る

 九州豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市大鶴地区の民家の庭先で、キジバトのひな2羽=写真=がかえり、愛らしい姿で被災住民を和ませている。

 ひなは、半田篤司さん(74)宅のモミジの木にできた巣で今月中旬に生まれ、すくすくと成長。日本野鳥の会大分県支部によると、森林伐採が進んだためか、最近は住宅地での野鳥の子育てが増えているという。

 豪雨で庭に土砂が流れ込むなどの被害に遭った半田さん。気落ちする日々も「かわいい姿に励まされてきた」。巣立ちを迎えるのは寂しいが、復興へ歩む“古里”へ帰ってきてくれる日を願い、見守っている。

=2017/08/28付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]