西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

太宰府市長辞職勧告へ 市議会

 福岡県太宰府市議会(18人)は19日、議員協議会を開き、芦刈茂市長への辞職勧告決議案を開会中の定例会最終日(26日)に提案することを決めた。全会一致で可決の見通し。辞職勧告決議に法的拘束力はなく、芦刈市長は辞職に応じない構え。

 議員協議会は非公開で行われた。終了後に取材に応じた橋本健議長によると、辞職勧告と不信任のいずれの決議案を出すかを採決した結果、14対4で辞職勧告案に決定した。市長が辞職に応じない場合は、法的拘束力のある不信任案を年内に出すことで一致したという。

 同市では、8月に芦刈市長が「副市長が私の指示に従わなかった」などとして、富田譲副市長の解職を突然発表し、議会側は反発していた。

 橋本議長は「市長の片腕になろうと努力した副市長が全部悪いと責め立て、辞めさせた。行政運営の手続きもおかしく、熟慮に欠けてお粗末」と述べた。

 一方、芦刈市長は議会の決定を受けて記者会見し「重く受け止めたい。不徳の致すところ」とコメント。ただ「粛々と業務を進めたい」と辞職しない意向を示した。

=2017/09/20付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]