西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

国会議員に公費で贈答 伊万里市 年2回、本年度廃止

 佐賀県伊万里市が長年、市の交際費から佐賀、長崎両県の国会議員らに「お歳暮」と「お中元」として年2回、伊万里牛や伊万里ナシを贈っていたことが分かった。NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」(佐賀市)が25日、公表した。市は「特産品のPRも兼ねていた。問題はない」としているが、贈答は本年度から打ち切った。

 市によると、昨年度の贈り先は計10人で、このうち国会議員は佐賀県の衆院議員今村雅弘氏、古川康氏、原口一博氏、参院議員福岡資麿氏、山下雄平氏と長崎県の金子原二郎氏の6人。受け取りを断った国会議員もいたという。市は支出の内訳と贈り先の実名をホームページで公開しており、金額は昨年8月が計3万6800円、同12月が計6万8千円だった。オンブズマンは「国会議員への贈答は20年前にも指摘したが改められなかった」と指摘している。

 市は2006年度から市長交際費を市交際費に変更。いつから贈っていたかは「記録がなく不明」という。本年度に打ち切った理由は「特産品のPRは東京や大阪などでのフェアに力を入れており、今後はこうした場で発信していくことにしたため」としている。

=2017/09/26付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]