西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

悠久の舞を彩る千灯明 太宰府天満宮

ろうそくの明かりが水面に映るなか、舞を披露するみこたち=25日夜、福岡県太宰府市の太宰府天満宮
ろうそくの明かりが水面に映るなか、舞を披露するみこたち=25日夜、福岡県太宰府市の太宰府天満宮
写真を見る

 福岡県太宰府市の太宰府天満宮で25日夜、境内の心字池に架かる太鼓橋などにろうそく千本をともす「千灯明」があった。水上の特設舞台ではみこが神楽「悠久の舞」などを披露した。

 1101年以来続く、祭神・菅原道真をしのび五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する神幸(じんこう)式の最後を飾る行事。照明が落とされ、灯明が水面にも映って揺れる中、雅楽の調べでみこが悠然と舞い、参拝客を魅了した。

 千灯明に合わせ、隣の九州国立博物館や門前町一帯でも灯明などを並べる「古都の光」が催され、多くの人が秋の夜長を楽しんだ。

=2017/09/26付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]