北九パス9割売れ残り 文化・観光施設お得に周遊 7-10月試験的に販売

北九州市が試験的に販売した周遊パスポート
北九州市が試験的に販売した周遊パスポート
写真を見る

 北九州市が7~10月、試験的に発行した文化・観光施設を割安で見学できる周遊パスポートが、発行数の9割超に当たる5千冊以上も売れ残っていたことが分かった。販売数は1割にも満たない376冊にとどまった。2020年の東京五輪を見据え、「文化都市」をアピールしようと17年度目玉事業として取り組んだが、今後の本格導入に暗雲が垂れこめた格好だ。

 パスポートは、市が運営する漫画ミュージアムや小倉城、松本清張記念館など6施設で提示すれば、それぞれ200~500円(一般)の入館料や常設展の観覧料が無料になる。

 市は本年度予算に事業費300万円を計上。有効期間1日の1日パスポート(800円)5千冊と、3日間有効な3日パスポート(1300円)500冊を発行した。日本語と英語を併記し、外国人観光客の取り込みも狙ったが、売れたのは1日券352冊、3日券24冊だった。

 市は「販売場所が限られ、有効期間も短かった。施設窓口の多言語対応も不十分だった」と利用者低迷の原因を分析。「来年度以降は、実施するかも含めて未定」としている。

=2017/12/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]