車の屋根に乗り走行ツイッターで発覚 大分県警、容疑の3少年摘発

 軽自動車の屋根に人を乗せたまま公道を走行したとして、大分県警は7日、道交法違反(乗車積載方法違反)の非行内容で、建設作業員の少年3人=いずれも(19)=のうち、屋根に乗っていた少年=大分県杵築市=を大分家裁に書類送致し、運転した少年2人に交通反則切符(青切符)を切ったと発表した。走行の様子が映ったツイッター上の動画が摘発につながった。

 非行内容は、11月11日午後11時ごろと12日午前1時前、大分県別府市汐見町の国道10号や市道で、1人が軽乗用車の屋根の上にうつぶせでつかまったまま、2人が交代して運転した疑い。3人は「面白いことをしたかった」と容疑を認めているという。

 動画は、通り掛かった別の車の助手席にいた人が撮影し、ツイッターに投稿。少年が乗っていた車のナンバーが映っていたという。

=2017/12/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]