新田原爆音18日提訴 宮崎地裁 住民122人 飛行差し止め求め

航空自衛隊新田原基地を離陸するF15戦闘機=2月、宮崎県新富町
航空自衛隊新田原基地を離陸するF15戦闘機=2月、宮崎県新富町
写真を見る

 航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)の戦闘機騒音で睡眠妨害や耳鳴りなどの健康被害を受けたとして、基地周辺住民122人が18日、自衛隊機の夜間と朝の飛行差し止めなどに加え、過去3年分計約1億8千万円と状況が改善するまでの将来分も含めて損害賠償を求める「爆音訴訟」を、宮崎地裁に起こす。基地騒音を巡る集団訴訟は九州では初めて。

 原告は、航空機騒音の指標で、国の住宅防音工事の助成対象となる「うるささ指数(W値)」75以上の区域に住む新富町と同県西都市の2~88歳の男女。訴状によると、原告側は騒音で生活環境を破壊され、練習機の墜落や戦闘機部品の落下なども頻発していると主張。午後5時~午前8時の飛行差し止めと、日中のW値75以上の飛行差し止めに加え、原告1人当たり月額3万8500円(弁護士費用を含む)を求めている。今回の提訴を第1次とし来年6月にも2次提訴する方針。

 弁護団などによると、基地では平日午前8時~午後5時前後と、週2回夜間訓練を実施。同基地には全国の空自基地で唯一、主力戦闘機F15戦闘機の基本ライセンスが取得できる飛行教育航空隊があり、複数機での離陸や、着陸してすぐ離陸する「タッチ・アンド・ゴー」の回数が多い。

 米軍機や自衛隊機の騒音被害を巡っては、1975年に小松基地(石川)の周辺住民が起こして以降、横田(東京)、厚木(神奈川)、岩国(山口)、嘉手納(沖縄)、普天間(同)で集団訴訟が相次いでいる。いずれも過去分の損害賠償は認められているが、飛行差し止め命令が確定した判決はない。弁護団によると、米軍機や民間機が常駐しない自衛隊専用基地の集団訴訟は新田原が全国初。

=2017/12/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]