福岡市役所、勤務中は全面禁煙 職員に通知、来年2月から

 福岡市は来年2月1日から市役所本庁舎と北別館(中央区)の建物内を全面禁煙とすることを決め、併せて全職員に対し、同日から勤務時間中の喫煙を禁じる通知を22日に出した。市によると、20政令市のうち勤務時間中の禁煙措置を行っているのは大阪、堺、神戸の3市(今年3月現在)。市は「受動喫煙防止の強化に向けた健康増進法改正の動きなど現在の社会通念を考慮すると、仕事中は庁舎外であっても喫煙することは容認されない」としている。

 本庁舎内6カ所と北別館内1カ所の喫煙スペースは来年1月末で廃止し、議会棟を含め建物内を全面禁煙化する。市議会の各会派トップで構成する代表者会議にも説明し、了承を得た。

 代わりに、建物外については、1月に本庁舎敷地内に2カ所、2月に本庁舎屋上部に2カ所の喫煙スペースを新設。敷地内の既設の喫煙スペースも煙が漏れ出さないよう再整備する。

 勤務中の禁煙については、全職員は勤務時間(午前8時45分~午後5時半など)の間は「喫煙しないこと」とする総務企画局長名の通知を出した。市職員の喫煙率はおよそ17・5%といい、市は「勤務時間中に喫煙した場合は、指導や処分の対象になる」としている。ただし、禁煙措置は1時間の昼休みと残業時間の休憩時は除く。


=2017/12/22付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]