野菜高騰…食卓厳冬 天候不良影響平年の2倍超 もつ鍋店「値上がり痛手」

品切れとなったキャベツや白菜の棚=11日、福岡市中央区のかいぶつくん赤坂店
品切れとなったキャベツや白菜の棚=11日、福岡市中央区のかいぶつくん赤坂店
写真を見る

 昨年秋以降の台風や天候不良の影響で、葉物を中心に野菜の価格が高騰している。農林水産省の価格動向調査によると、全国平均の小売価格はハクサイやレタスを中心に平年の2倍超。九州の青果店では「記憶にないぐらい値上がりし、平年の3倍超」という。寒波が九州に襲来しているだけに、消費者からは「鍋料理が高級料理になってしまった」と恨み節も聞こえる。

 農水省が10日発表した価格動向調査によると、1キロ当たりの価格は平年に比べ、レタスが約2・4倍の1230円、キャベツは2・1倍の326円、ダイコンとハクサイもそれぞれ約2倍の高値となっている。

 福岡市中央卸売市場青果市場でも、野菜の価格が高騰。九州で天候不良が続いたことに加え、台風や長雨で野菜の生育環境が悪化して収穫量が減った関東に品が流れていることが原因とみられる。卸売会社の福岡大同青果(福岡市)の担当者は「価格は今がピークだろうが、好転するのは早くても2月」と分析する。

 同市中央区の青果店「かいぶつくん赤坂店」では昨年12月上旬から、ほとんどの野菜を値上げせざるを得なくなり、高値の葉物は仕入れ量を抑制。11日も野菜の陳列棚には空きが目立った。キャベツは1玉298円で同サイズとしては例年の3倍以上の値段という。

 経営者の金沢豊盛さん(61)は「40年以上青果業をやっているが、ここまでの値上がりは何十年ぶりだろうか。客足が一度遠のくと、価格が下がっても回復まで時間がかかる」と嘆く。

 店に野菜を買いに来た同区の調理師、小清水ひろみさん(64)は毎年この時期、ちゃんこ鍋を作って食べるのが楽しみだが「今年は食べられなくてさみしい。ここは他の店より安いけど、値段を見るとためらってしまう」と話した。

 影響は飲食店にも及ぶ。博多名物料理のもつ鍋で人気の「元祖もつ鍋楽天地」通販店(同区)の榎本由(ゆき)店長(29)は「キャベツはスープの味にも欠かせない存在。値上がりは痛いですがお客様には負担はかけられない。ぐっとこらえています」と語った。

=2018/01/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]