筑後の味、キッチン列車“発信” 西鉄が来春 沿線食材、工芸生かし

キッチンクロスをイメージした赤いチェック模様の新型観光列車の外観イメージ
キッチンクロスをイメージした赤いチェック模様の新型観光列車の外観イメージ
写真を見る
城島瓦や大川家具など、筑後地区の伝統工芸などをあしらった新型観光列車の内装イメージ(西日本鉄道提供)
城島瓦や大川家具など、筑後地区の伝統工芸などをあしらった新型観光列車の内装イメージ(西日本鉄道提供)
写真を見る

 西日本鉄道(福岡市)は25日、2019年春に天神大牟田線で運行開始予定の新型観光列車の車両概要を発表した。

 名称は「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ レールキッチン チクゴ)」。福岡県筑後地方を中心とした沿線の食材を、列車内のキッチンで調理して提供する。外装はキッチンクロスをイメージした赤いチェックの模様を施す。

 車内のテーブルやいすは大川家具を使用。客室の天井に八女の竹を使った竹細工を、壁には久留米の城島瓦を用いるなど、沿線の伝統工芸もふんだんに取り入れる。

 約5億円かけて既存の6050形を改造する。3両編成で座席数は52席。西鉄では初めて車両にトイレを設置する。倉富純男社長は「沿線住民にも鉄道の楽しさを知ってもらうきっかけになる」と期待を込めた。

=2018/01/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]