ホークス、宮崎でキャンプイン

宮崎キャンプが始まり、室内練習場でウオーミングアップをする福岡ソフトバンクホークスの選手たち=1日午前10時20分すぎ、宮崎市の生目の杜運動公園
宮崎キャンプが始まり、室内練習場でウオーミングアップをする福岡ソフトバンクホークスの選手たち=1日午前10時20分すぎ、宮崎市の生目の杜運動公園
写真を見る

 プロ野球の11球団が1日、宮崎、沖縄両県でキャンプインし、2年連続日本一を目指す福岡ソフトバンクホークスは宮崎市の生目(いきめ)の杜(もり)運動公園で始動した。

 雨のため、主力のA組とその他のB組は時間差をつけて練習開始。キャンプインはプロ野球の元日とも呼ばれ、工藤公康監督は「明けましておめでとうございます」と言いながら球場入りした。A組は午前9時50分ごろ室内練習場に集合。円陣を組み、士気を高めた。工藤監督は「競争や生き残りの意識を持って、さらにレベルアップしてほしい」と選手を見守った。キャンプは3月1日まで。

 日本ハムは米アリゾナ州スコッツデールで現地時間2月1日(日本時間2日未明)にスタート。プロ野球のオープン戦は24日に始まり、公式戦は3月30日に開幕する。


=2018/02/01付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]