「落とし物」地蔵が30万円で落札 思わぬ人気ぶり、署幹部も驚き

熊本市北区で昨年9月に見つかった石仏
熊本市北区で昨年9月に見つかった石仏
写真を見る

 熊本中央署は8日、熊本市北区の用水路で昨年9月に見つかり、拾得物として届けられた地蔵の購入希望者を一般公募したところ、30万円で落札されたと発表した。

 地蔵は高さ48センチ、幅24センチの石造り。江戸中期の1749年に当たる「寛延二年」などの文字が彫られている。昨年末までに持ち主が現れなかったため、競争入札方式で募集していた。

 署によると、県内外の25人が名乗りを上げ、最高値を付けたのは千葉県の男性だった。希望者がいなければ廃棄処分となる可能性もあっただけに、思わぬ人気ぶりに署幹部もほっとするやら驚くやら。

=2018/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]