無銭飲食「トイレに…」と逃走 詐欺容疑で34歳男を逮捕 福岡市内で被害約20件

 福岡県警博多署は9日、福岡市博多区の飲食店で無銭飲食したとして詐欺容疑で住所不定、自称コンサルタントの男(34)を現行犯逮捕した。署によると同区内の飲食店では昨年10月~今年1月、食事をした男が「トイレに行く」「連れを呼んでくる」などと店員に告げ、店を出たまま逃げる事件が約20件発生。署は防犯カメラの映像などから男をマークしていたという。

 逮捕容疑は同日正午すぎ、同区のホテルでランチビュッフェを利用し、代金約1300円を支払わなかった疑い。

 捜査員が男を見つけて店内で張り込み、支払わずに店外に出たのを確認して逮捕した。男は1万数千円の所持金があり「たばこを買いに出ただけ。支払うつもりだった」と容疑を否認しているという。

=2018/02/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]