日本海側中心に大雪恐れ、警戒を 13日にかけ、北陸は高波も

 雪がちらつき始めた福井市で、雪が残る歩道を歩く人たち=11日
雪がちらつき始めた福井市で、雪が残る歩道を歩く人たち=11日
写真を見る

 気象庁は11日、強い冬型の気圧配置となる影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に13日にかけて大雪になる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。路面凍結や雪崩にも注意が必要としている。記録的な大雪に見舞われた北陸では、積雪がさらに増え、激しい突風や高波の恐れもある。

 気象庁によると、12日は北陸の上空約5千メートルに氷点下36度以下、北日本の上空約5千メートルには同42度以下の寒気が流入し、強い冬型の気圧配置が13日にかけて続く見込み。

 12日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、北陸80センチ、東北60センチ、東海50センチなど。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]