巡査長を建造物損壊の疑いで逮捕 福岡、マンションの窓ガラス

 巡査長が建造物損壊の疑いで逮捕され、謝罪する福岡県警の落合喜久司首席監察官=12日午前、福岡県警本部
巡査長が建造物損壊の疑いで逮捕され、謝罪する福岡県警の落合喜久司首席監察官=12日午前、福岡県警本部
写真を見る

 福岡県警は12日、マンションの窓ガラスを割ったとして建造物損壊の疑いで、南署刑事2課知能犯係の巡査長三井祥平容疑者(29)=福岡市中央区=を現行犯逮捕した。県警は処分する方針。

 逮捕容疑は12日午前0時35分ごろ、同区大名のマンション出入り口付近にある採光用の窓ガラス(縦約180センチ、横約40センチ)1枚を壊した疑い。

 三井容疑者は「やっていない」と否認。11日午後に警察の同期生の結婚式に出席、酔ってガラスを蹴ったとみて調べる。

 現場近くの飲食店従業員が、ガラスの割れる音を聞いた直後、三井容疑者がガラス片の上に立っている場面を目撃し110番した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]