高倉照幸さん死去 西鉄黄金期「切り込み隊長」 83歳

写真を見る

 プロ野球で1956年から日本シリーズを3連覇するなど黄金期を築いた西鉄ライオンズで1番を打つ「切り込み隊長」として活躍した高倉照幸(たかくら・てるゆき)氏が12日午前5時半、病気のため、福岡市内の病院で死去した。83歳。北九州市出身。葬儀は近親者のみで行われる。

 戦時中に熊本に疎開。熊本商高から1953年、三原脩監督が率いる西鉄に入団し、2年目の54年途中に外野で定位置をつかんだ。打線の主軸の中西太氏らと同年の初のパ・リーグ優勝に貢献。チームはエース稲尾和久氏らが加わって黄金期を築き、高倉氏は西鉄で通算5度日本シリーズに出場した。巨人、ヤクルトを経て70年に現役引退した。

 引退後は西日本スポーツなどで評論家を務めたほか、中学硬式野球チームを指導し、2014年に文部科学省の「生涯スポーツ功労者」表彰を受賞。16年からライオンズOB会長を務めていた。

=2018/02/13付 西日本新聞朝刊=

信望厚い「キャップ」 強い責任感強打で示す 高倉照幸氏死去

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]