久留米大12年連続出題ミス 今回3問

 久留米大(福岡県久留米市)は23日、今月実施した2018年度一般入試で医学部看護学科を除く全6学部の計3問に出題ミスがあったと発表した。合格発表前に判明したため、追加合格などの影響はなかった。ミスは07年度から12年連続。

 試験終了後、学内での点検や、予備校からの指摘で判明した。医学部医学科の数学(1日実施)では設問の条件が不足し、正答が導けなかった。文系学部共通入試選択科目の地理(1、10日に実施)では人種・民族とすべき「ヒスパニック」を「人種」とするミスや誤植があった。いずれも受験者全員を正解とした。

 関連する受験者数は延べ4230人で、同大入試課は「毎年対策は取っているのだが、出題にミスがあり大変申し訳ない」と話した。

=2018/02/24付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]