「めんたいぴりり」映画化 華丸さん「“あさイチ”で食べるもの。ヒットを」

映画化を発表する主演の博多華丸さん(左)、富田靖子さん =28日午後1時ごろ、東京都内
映画化を発表する主演の博多華丸さん(左)、富田靖子さん =28日午後1時ごろ、東京都内
写真を見る

 めんたいこ製造販売の「ふくや」(福岡市)創業者の故川原俊夫さんをモデルに、民放ドラマとなった「めんたいぴりり」の映画化が決まり、東京都内で28日、製作発表会見があった。ドラマ版と同じ博多華丸さん、富田靖子さんが主人公夫婦を演じる。3日に福岡県内で撮影に入り、2019年1月に全国公開予定。

 同作は昭和30年代の博多を舞台に、TNCテレビ西日本が13年に制作。全国でも放送され、15年には続編の制作や舞台化もされた。

 役柄に合わせて丸刈りの華丸さんは、4月からキャスターを務める朝の情報番組名にかけて「めんたいこも“あさイチ”で食べるもの。めんたいこ同様、映画をヒットさせたい」と意気込んだ。福岡県出身の富田さんは「自分の言葉で演じられるのは幸せ」。江口カン監督は「しっかり笑ってしっかり泣ける映画にしたい」と話した。

=2018/03/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]