南阿蘇鉄道全線復旧へ着工 熊本地震被災区間

着工式では、南阿蘇鉄道を通学で利用していた高校生もくわ入れに参加した=3日、熊本県南阿蘇村
着工式では、南阿蘇鉄道を通学で利用していた高校生もくわ入れに参加した=3日、熊本県南阿蘇村
写真を見る

 熊本地震で被災した熊本県の第三セクター「南阿蘇鉄道(南鉄)」は3日、全線復旧に向けた工事の着工式を南阿蘇村で開いた。全線17・7キロのうち、橋やトンネルが被害を受けて不通となっている立野(南阿蘇村)-中松(同)の10・5キロの復旧工事に着手し、2022年度の全線再開を目指す。

 南鉄は地震後に全線が運休し、16年7月から中松-高森(高森町)の7・2キロで部分運行を続けている。不通区間では犀角山(さいかくやま)トンネルの撤去などを予定し、全線復旧費は65億~70億円の見込み。地元の要望を受け、国が災害復旧事業費の補助率を引き上げる形で実質97・5%を負担することになった。

 着工式で南鉄社長の草村大成・高森町長は「地域住民の利便性を高め、インバウンド(訪日外国人客)に寄与する鉄道にしたい」とあいさつ。秋本真利・国土交通政務官は「地元負担を極力少なくする特別な制度を創設して強力に支援したい」と述べた。

 地震前までの約1週間を通学で利用した高森高校2年の生徒らも参加し、甲斐貴子さん(17)は「後輩たちのために早く列車通学ができるようにしてほしい」と話した。

=2018/03/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]