釜山結ぶ「赤い高速船」20年就航へ

JR九州高速船が導入する新型高速船の外観イメージ。赤い船体が有力候補という
JR九州高速船が導入する新型高速船の外観イメージ。赤い船体が有力候補という
写真を見る

 JR九州高速船(福岡市)は5日、福岡-釜山に就航する新型高速船について、オーストラリアの造船会社AUSTAL(オースタル)と建造契約を締結したと発表した。2020年7月就航予定で建造費用は5260万ドル(約55億円)。定員は502人で、現行のビートルの2倍以上となる。

 揺れにくくスピードを出しやすい三つの船体からなるトリマラン(三胴船)で、福岡-釜山を約3時間40分で結ぶ。客室は3階建てで、1階にスタンダードクラスの客室とキッズルーム、2階にビジネスクラスの客室と免税店、3階に展望室などを設ける。1階と2階はそれぞれラウンジと売店の設置も予定している。

 外観はJR九州のコーポレートカラーの赤い船体=イメージ=が有力候補。デザインは「ななつ星in九州」などを手掛ける水戸岡鋭治氏が担当する。

=2018/03/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]