大崎事件の再審請求「供述心理鑑定」が焦点に 高裁12日可否判断

写真を見る
写真を見る
写真を見る

 鹿児島県大崎町で1979年に男性=当時(42)=の遺体が見つかった「大崎事件」で、殺人などの罪で服役した原口アヤ子さん(90)の第3次再審請求について、福岡高裁宮崎支部(根本渉裁判長)は12日、再審開始の可否を判断する。有罪認定を支えた親族の自白や目撃証言の信用性を否定した「供述心理鑑定」の評価が最大の焦点となる。

 原口さんは捜査段階から一貫して否認。殺害を裏付ける物証はなく、確定判決が根拠としたのは共犯とされた親族3人が「(原口さんに)犯行を持ち掛けられ、実行した」とした自白と、「共謀する場面を見た」という義妹の証言だった。

 弁護団は、供述調書などを基に自白や証言の特徴、傾向を心理学者が分析した供述心理鑑定を提出。第3次請求では、知的障害のある親族3人の自白を支えた義妹の証言について、犯行を打ち明けられても無反応だった不自然さなどを指摘し「実体験に基づかない可能性が高い」と主張した。

 昨年6月の鹿児島地裁決定は供述心理鑑定を全面的に採用。義妹証言は「捜査機関による誘導の疑いがある」とし、親族の自白の信用性も否定した。また「タオルによる絞殺」とされた死因についても「遺体の首に圧迫による窒息死を示す積極的所見はない」と判断、「共謀も殺害行為も死体遺棄もなかった疑いを否定できない」と踏み込んだ。

 地裁は心理鑑定について「裁判員裁判で国民と裁判官が協働して評議するための共通の土台やツールになる」と高く評価しており、高裁も証拠価値を認めれば物証に乏しい他の再審事件にも影響を与えそうだ。

 一方、即時抗告審で検察側は「心理鑑定は非科学的だ」と反論している。

 弁護団によると、原口さんは昨秋から入院。会話は難しいものの無罪を勝ち取る日に向けリハビリに励んでいる。弁護団の鴨志田祐美事務局長は「一日も早く原口さんに無罪判決を聞かせたい」と話している。

【ワードBOX】大崎事件

 1979年10月15日、鹿児島県大崎町で男性の遺体が見つかった。県警は義姉の原口アヤ子さん(90)ら親族計4人を殺人や死体遺棄容疑で逮捕。原口さんは一貫して否認したが81年に懲役10年が確定し満期服役した。95年に再審請求、2002年に鹿児島地裁が再審開始を認めたが福岡高裁宮崎支部が取り消し、第2次請求も退けられた。15年7月に第3次請求。地裁は昨年6月に再審開始を認め、検察側が即時抗告した。

=2018/03/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]