「西鉄VS南海」黄金カード再現 「めんたいぴりり」北九州でロケ

観客を演じる市民エキストラ
観客を演じる市民エキストラ
写真を見る

 めんたいこの「ふくや」(福岡市)創業者がモデルで、TNCテレビ西日本開局60周年を記念した映画「めんたいぴりり」の撮影が17日、北九州市民球場であった。エキストラ約800人を動員して昭和30年代の黄金カードだったプロ野球の西鉄ライオンズ対南海ホークス戦を再現した。

 西鉄の本拠地だった平和台球場(福岡市)に見立てて、エースの稲尾和久投手役の俳優らのプレーに合わせて、スタンドを埋めた着物やスーツ姿のエキストラが、拍手したり歓声を上げたりした。

 来年1月公開予定。製作関係者は「福岡から全国へ、ヒットを飛ばしたい」。

=2018/03/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]