福岡市でも桜開花 平年より4日早く

雨の中、開花が確認された福岡管区気象台のソメイヨシノ=19日午前10時ごろ、福岡市中央区
雨の中、開花が確認された福岡管区気象台のソメイヨシノ=19日午前10時ごろ、福岡市中央区
写真を見る

 福岡管区気象台は19日、福岡市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より4日早く、昨年より6日早い。今後、1週間から10日で満開となる見込み。

 同日朝、気象台の職員が敷地内の標本木で花が7輪開いているのを確認した。2月下旬から暖かい日が続いたため早まったとみている。

 この日午前の福岡市の最低気温は、5月上旬並みの14.3度。桜は近くの公園や並木道でもちらほらと咲き始めたが、降雨のため足を止める人はほとんど見られなかった。

=2018/03/19付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]