福岡城の創建時のしゃちほこ、所蔵を確認 幕末まで通しても出土例少なく ほぼ完成形は初めて

九大総合研究博物館に所蔵されている福岡城の鯱瓦(しゃちがわら)。築城期に作られた可能性があるという
九大総合研究博物館に所蔵されている福岡城の鯱瓦(しゃちがわら)。築城期に作られた可能性があるという
写真を見る

 国指定史跡、福岡城跡(福岡市中央区)にあった鯱瓦(しゃちがわら)(しゃちほこ)が、九州大総合研究博物館(同市東区)に所蔵されていることが分かった。築城期(1601~07年)に作られた可能性がある。この時期の福岡城の鯱瓦は希少。幕末まで通しても出土例は少なく、大半が瓦片で完全な形に近い例はない。創建時からの城の成り立ちを考える、貴重な史料となりそうだ。

 この鯱瓦は胴部だけで頭部や尾、ひれの部分はない。胴部は縦約30センチ、横約25センチ、高さ約50センチと大型。鯱瓦は建物の最上部に魔よけとして取り付けるもので、城郭では櫓(やぐら)や大きな門、天守閣などにあった。福岡城では天守閣の存否をめぐり議論が起きている。

 福岡の国学者で、九州での博物館建設構想に先鞭(せんべん)をつけた江藤正澄(1836~1911)が収集し、死後、遺族が同市・六本松の旧制福岡高校(九大旧教養部の前身)にあった資料館「玉泉館」(30年開設)に寄贈した。同館の目録に「鯱」という資料名、「福岡城首洗池付近建物所用」との記述が残っている。

 玉泉館は九大教養部に引き継がれたが、所蔵品約1万点の活用は年とともに減り、87年に玉泉館は解体。所蔵品は六本松キャンパスの図書館へ移った後、同キャンパス移転(2009年)に伴い総合研究博物館などに納められた。収蔵品リストは近年データベース化が進み、玉泉館資料の展示を計画する中で、担当教員らが鯱瓦を確認した。

 木島孝之・九大大学院人間環境学研究院助教(城郭建築史)は実物を見て製作年代を推定。(1)うろこの表現が緻密でなく後年の装飾性の高いものとは違う(2)初代藩主黒田長政の家臣の居城、益富城(福岡県嘉麻市)出土の鯱瓦や、名島城(福岡市東区)のものとされる鯱瓦など1600年前後のものと似ている-などの点から、築城期の可能性が高いとの見方を示した。木島助教は「この時代の城の瓦には質より量を優先して作られたものが多い。その特徴を表している」と話した。

 この鯱瓦は26日まで、福岡市東区箱崎の九大中央図書館で展示されている。

■建物の復元に生かせる

 九州歴史資料館の岡寺良学芸員(考古学)の話 なくなった部分に製造年を記した「紀年銘」が残っていれば年代特定は可能だが、現時点では難しい。ただ大型の鯱瓦が発見された意味は大きい。福岡城のどの建物で見つかったかが分かれば、その建物の復元に生かせるはずだ。

 福岡城の鯱瓦(しゃちがわら) 福岡市などは1951年から76次にわたり福岡城の発掘調査を実施。最近では下之橋御門付近から出土した鯱瓦の瓦片を基にしゃちほこを復元したケースがあるが、この瓦片は江戸後期から幕末のものとみられる。一般的に建物を新築する際に古い鯱瓦をそのまま使うことがあり、製作年代の特定は難しいとされる。

=2018/03/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]