地下水が滑り面形成か 耶馬渓山崩れ 地すべり学会見解

 6人が犠牲となった大分県中津市耶馬渓町金吉(かなよし)の大規模山崩れで、林野庁や日本地すべり学会(落合博貴会長)などの合同チームは29日、岩盤内に地下水の作用でできた粘土層が「滑り面」となり、上層の岩盤が滑って崩落した可能性があるとの見解を示した。

 チームは27日から、崩落面の高さ60メートル付近にある地下水の湧出点などを調査。落合氏によると、地下水が出ている地点には厚さ10~数十センチの軟らかい粘土質の層があり、それより下は「ハンマーでたたいてもなかなか割れない」固い岩盤だった。現場は凝灰角礫岩(ぎょうかいかくれきがん)という数百万年前の火山噴火に由来する岩盤から成っており、その上に重なる溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)とは性質が異なるという。

 今回は何らかの原因で粘土層を境に岩盤が高さ約120メートル、幅約160メートルにわたり滑ったとみられる。その引き金については「地下水面の上昇などが考えられるが、直接的なきっかけの解明にはさらに調査が必要だ」と判断を留保した。

 類似した地形が広がる耶馬渓。大雨も地震もない中での山崩れに不安が高まっているが、今後の崩落の危険性について落合氏は「何万年という周期の中で起きることであり、今すぐ危険とは思わない」と語った。

=2018/04/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]