エヴァ新幹線、運行を終える アニメファン人気で1年延長

 ラストランを終えJR博多駅に到着したエヴァ新幹線=13日午後
ラストランを終えJR博多駅に到着したエヴァ新幹線=13日午後
写真を見る
 JR新大阪駅を出発する「新世紀エヴァンゲリオン」をイメージした500系山陽新幹線こだま号=13日午前
JR新大阪駅を出発する「新世紀エヴァンゲリオン」をイメージした500系山陽新幹線こだま号=13日午前
写真を見る

 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をイメージしたJR西日本の500系山陽新幹線こだま号が13日、運行を終えた。新大阪―博多間のラストランを見ようと多くの人が両駅に集まった。当初は昨年3月の終了予定だったが、国内外のアニメファンらの根強い人気を受け、継続していた。

 エヴァ新幹線は、山陽新幹線の全線開業40周年を記念して2015年11月に運行を開始し、新大阪―博多間を1日1往復してきた。紫色を基調とした外装は、アニメの主人公が乗る兵器「エヴァンゲリオン初号機」を模したもので、1号車には乗り込んで対戦ゲームが楽しめるコックピットを設置した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]