福岡市「キャナルが食中毒原因ではない」

 福岡市博多区のキャナルシティ劇場で23日夜、修学旅行中の鹿児島市の中学生らが嘔吐(おうと)などを訴えた集団食中毒疑いについて、福岡市は25日、有症者4人からノロウイルスが検出されたと発表した。

 市によると、ノロウイルスによる食中毒は発症までに24~48時間の潜伏期間があり、有症者は劇場のあるキャナルシティ博多での食事から発症まで1~5時間しか経過しておらず、同施設の飲食店が原因ではないとしている。

 修学旅行の一行は22日に鹿児島市を出発し、同日は長崎市に宿泊。翌23日に福岡県入りした。

=2018/05/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]