九州北部と四国が梅雨入り 平年より8日早く

白や紫の鮮やかな花を咲かせるハナショウブ=28日午前10時半すぎ、福岡市中央区の舞鶴公園
白や紫の鮮やかな花を咲かせるハナショウブ=28日午前10時半すぎ、福岡市中央区の舞鶴公園
写真を見る

 気象庁は28日、九州北部と四国が梅雨入りしたとみられると発表した。両地域とも平年より8日早く、昨年より23日早い。気象庁などによると、九州北部は28日、所々で雨が降った。今後1週間も前線や湿った空気の影響で、曇りや雨の日が多くなる見込み。

 福岡市中央区城内の舞鶴公園では、約2300株のハナショウブが見頃を迎えている。28日は朝から時折雨が降る中、傘を差した人たちが白や紫の花を眺めていた。見頃は6月上旬までという。

=2018/05/28付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]