神戸市教委と校長、遺族に隠蔽 中3女子自殺調査メモ

 神戸市垂水区で2016年10月、市立中3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、市教育委員会は3日、自殺直後に学校が友人に聞き取った内容のメモを残していたのに、市教委指導主事と校長が相談して遺族に「存在しない」と伝えて隠蔽していたと明らかにした。

 市教委の第三者委員会が昨年まとめた調査報告書は生徒へのいじめを認定した。ただ、当初は「破棄された」としていたこの聞き取りメモが存在していることを今年4月に市教委が公表していた。

 市教委のこれまでの説明では、当時の校長は市教委に「メモは見つからない」と答えたとしていた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]